診療科目

耳、鼻、喉、アレルギー、睡眠時無呼吸症など耳鼻咽喉科の専門医です

当医院は耳(みみ)、鼻(はな)、喉(のど)、アレルギー、睡眠時無呼吸症などの治療を行う耳鼻咽喉科の専門医です。しっかりとした説明、相談、指導などを徹底することにより患者さんの不安を軽減するよう努めております。不安な点やご心配な点はご遠慮なく医師またはスタッフにお尋ねください。

耳(みみ)

耳が痛い、かゆい、聞こえが悪い、耳が詰まった感じがする、音が響いて聞こえる、耳鳴、めまい、補聴器の相談など、どうぞご相談ください。

 

耳の構造モデルや鼓膜写真などを用いて、出来るだけわかりやすく説明し、治療します。

 

当院の特徴としては、滲出性中耳炎や耳管狭窄症などの治療に、積極的に耳管通気法を行っており、患者さんの満足度も良いようです。

鼻(はな)

鼻汁過多、鼻閉、後鼻漏感(鼻水が喉に流れる感じ)、鼻出血、においがわからない、頭痛など、どうぞご相談ください。

 

鼻鏡や鼻内内視鏡(ファイバースコープ)で診察し、一緒に所見を見ていただきながら、症状を説明し、治療します。場合によりレントゲン検査や細菌培養検査なども併用し、適切な投薬加療を行います。

 

最近ではアレルギー性の副鼻腔炎も増えてきています。風邪か花粉症か分からない時もご相談ください。

喉(のど)

咽頭痛、咳、口内炎、味覚障害、声がかすれる、喉の違和感など、どうぞご相談ください。

 

喉頭内視鏡(ファイバースコープ)で詳細に観察し、一緒に内視鏡所見を見ながら所見を説明し、治療を行います。

小児耳鼻咽喉科疾患

耳鼻咽喉科領域における、お子さまの病気で多いものには、中耳炎、扁桃炎、副鼻腔炎(ちくのう症)などが挙げられます。

 

当院では耳鼻咽喉科専門医による適切で優しい診療を心がけ、お子さまも安心して通いやすい医院を目指しています。どうそお気軽にご相談下さい。

 

お子様で、聞こえが悪い、最近テレビの音が大きい、よく聞き返す、耳あかが多い、耳を痛がる、耳をよくさわる、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、鼻声になっている、よく鼻血を出す、のどを痛がる、咳、痰、扁桃腺が大きい、いびきなどの症状に気がつかれたら、どうぞご相談ください。

睡眠時無呼吸症

睡眠時無呼吸症候群(SAS)は読んで字のごとく「睡眠中」に「無呼吸」がおこる病気です。「無呼吸」とは10秒以上の呼吸停止と定義され、この無呼吸が1時間に5回以上ある方は睡眠時無呼吸症候群と診断されます。

 

この「無呼吸」は血液中の酸素低下を伴うため、放置されると高血圧や心疾患、さらには脳卒中などを引き起こすと考えられています。また、深い睡眠がとれないため、日中の眠気につながり、交通事故や労働災害の原因になるとされています。

 

SASは上気道(鼻~のど)の狭窄が主因とされ、肥満に伴った疾患と考えられがちですが、やせていても顎が小さいことでSASに羅患している方も多くいらっしゃいます。また、耳鼻咽喉科疾患としては、扁桃肥大(小児ではアデノイドも)が原因となっている場合もありますし、鼻中隔彎曲やアレルギー性鼻炎など鼻の疾患がSASを重症化させることもあります。

 

SAS患者さんは睡眠中の激しいいびきを伴いますが、自覚症状をもたないことも多く見受けられます。症状がなくても睡眠中のいびきや無呼吸発作を指摘されている方、また、昼間に眠気や倦怠感を感じている方は要注意です。当院では睡眠中の簡易検査を行い、重症度の判定を行っています。気になる方は一度ご相談ください。

竹尾耳鼻咽喉科医院 情報

住所 〒880-0021 宮崎県宮崎市清水3丁目6-16
電話番号 0985-27-9973
駐車場 第1駐車場10台、第2駐車場15台(合計25台分の駐車スペースがあります)
アクセス

■お車:県立宮崎病院、国道10号線より平和台線を直進、宮崎中央眼科となり

■電車:JR日豊本線・宮崎駅・西出口徒歩15分

■バス:県立病院停留所 ・徒歩5分

 

アクセス・地図についてさらに詳しく見るにはこちら

竹尾耳鼻咽喉科医院アクセスマップ

宮崎市で耳(みみ)・鼻(はな)・喉(のど)のことなら

竹尾耳鼻咽喉科までお気軽にお問合ください