睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群(SAS)

当院では、睡眠時無呼吸症候群(SAS)について睡眠中の簡易検査を行い、重症度の判定を行っています。気になる方は一度ご相談ください。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)は読んで字のごとく「睡眠中」に「無呼吸」がおこる病気です。「無呼吸」とは10秒以上の呼吸停止と定義され、この無呼吸が1時間に5回以上ある方は睡眠時無呼吸症候群と診断されます。

この「無呼吸」は血液中の酸素低下を伴うため、放置されると高血圧や心疾患、さらには脳卒中などを引き起こすと考えられています。また、深い睡眠がとれないため、日中の眠気につながり、交通事故や労働災害の原因になるとされています。

SASは上気道(鼻~のど)の狭窄が主因とされ、肥満に伴った疾患と考えられがちですが、やせていても顎が小さいことでSASに羅患している方も多くいらっしゃいます。また、耳鼻咽喉科疾患としては、扁桃肥大(小児ではアデノイドも)が原因となっている場合もありますし、鼻中隔彎曲やアレルギー性鼻炎など鼻の疾患がSASを重症化させることもあります。

SAS患者さんは睡眠中の激しいいびきを伴いますが、自覚症状をもたないことも多く見受けられます。症状がなくても睡眠中のいびきや無呼吸発作を指摘されている方、また、昼間に眠気や倦怠感を感じている方は要注意です。当院では睡眠中の簡易検査を行い、重症度の判定を行っています。気になる方は一度ご相談ください。

PAGE TOP